スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政論】首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相と自民党の谷垣禎一総裁の21日の党首討論を聞いていて、強い違和感を覚えた。首相が米ワシントン・ポスト紙に酷評された「愚か」(loopy)とする見方を認めたことにではない。「愚か」という表現を、巧みに「愚直」という別の言葉にすり替えたことに対してだ。

 「ワシントン・ポストの言うように、私は愚かな首相かもしれません」

 討論冒頭、首相はあっさりとこう述べた。平野博文官房長官は「謙虚さの表れ」と持ち上げたが果たしてそうだろうか。首相は次の瞬間には同紙にはない表現を織り交ぜたのだ。

 「愚かだったから愚直だったから。あるいはそうかもしれません」

 そして、次の段階では「愚か」を省き、「愚直」だけを使った。まるで言葉の手品を見るようだった。

 「少しでもそれ(沖縄の負担)を和らげることができたら。愚直にそう思ったのは間違いでしょうか」

 首相は21日夜、記者団に「愚かな首相」と述べた真意を問われた際にも「(沖縄県民のために)愚直さを生かさなきゃならないときだ」と強調するなど、「愚直」を7回も繰り返した。

 だが、「愚か」と「愚直」を混同するのはおかしい。複数の辞書を総合すると、前者は文字通り「考えが足りないさま」「ばかげているさま」で英語の「loopy」に通じる。一方、後者は「正直いちずなこと。ばか正直」などとあり、不器用なまでの真っ正直さを表す言葉なのだ。

 「愚か」と「愚直」を都合のいいようにすり替えるとは、正直な態度とはいえない。とても愚直を自任する資格はないはずだ。

 「首相のあまりにも軽い言葉が、国民の政治に対する信頼を失わせることを憂慮している。一国の首相が政策もよく分からないで、国民を狼狽(ろうばい)させるような発言をしてしまう。こんな朝令暮改を繰り返す状況なら、国民はたまったものではない」

 首相が民主党幹事長時代の平成20年11月の記者会見で、当時の麻生太郎首相を批判した言葉だ。省みて、自らを恥じる気持ちはわいてこないだろうか。(阿比留瑠比)

母子が死亡、殺人で捜査=市営住宅で-京都府警(時事通信)
<枝野行刷相>特別会計改革案、夏までに提案へ(毎日新聞)
川で小魚大量死=水面1.7キロにわたり白濁-奈良(時事通信)
「5月末決着」にとどめ、首相が徳之島に陳謝(読売新聞)
救急車のAED作動せず=心肺停止の男性死亡-大阪市(時事通信)
スポンサーサイト

仕分け対象の独法決定=47法人、151事業-刷新会議(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が20日夕、首相官邸で開かれ、事業仕分け第2弾で対象となる47の独立行政法人(独法)と151の事業を決定した。外務省所管の国際協力機構(JICA)、文部科学省所管の大学入試センターなどの事業を取り上げた。公開の場での議論を通じ、官僚OBの天下りを含め不透明な事業の実態を明らかにし、無駄の削減を目指す。仕分け結果は5月にもまとめる独法の制度改革案に反映させる方針だ。
 鳩山首相は会議の冒頭、「あらゆる観点から国民の目線に立って見直していく。事業仕分け第2弾がうまく運営されるようにお願いする」と述べた。
 仕分け対象は、事業の必要性や効率性、国または民間でできないかなどの観点から選定。現在104ある独法の半数近くが対象となった。 

【関連ニュース】
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言
独法の役員公募、第3弾開始=6ポスト対象
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾
「5月決着」改めて強調=鳩山首相

<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)
両陛下が「桜保存林」ご視察(産経新聞)
京急線 生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)

警察庁長官 北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)

 福岡県内で相次ぐ発砲事件を受け、北九州市を13日に訪問した警察庁の安藤隆春長官は福岡県警北九州地区暴力団犯罪捜査課で捜査員ら約120人を前にあいさつ。指定暴力団工藤会をめぐる地元住民の暴力排除活動について「盛り上がりに敬意を表しなければならない。住民の運動を警察は全面的に支援しなければならない」と訴えた。

 工藤会について「暴力排除活動に参加する住民や企業に、発砲などの極めて凶悪な犯行を繰り返す団体だ」と指弾。「今後の日本の暴力団対策、社会全体で暴力団を孤立化させていく運動の将来の成否が、北九州地区の暴力団対策にかかっている」と述べた。

 また、北橋健治市長との会談では「暴排活動の先頭に立つ市長の勇気ある行動に敬意を表します」と語り、活動を全面的に支援する考えを示した。北橋市長は「安心安全は市民の切なる願い。今後も市民と一緒に活動に取り組んでいきたい」と決意を述べ、容疑者の早期逮捕や市民の安全確保などを要望した。

 安藤長官はその後、北九州市戸畑区で記者団に対し、一連の発砲事件について「早期に検挙し、再発を防止することが警察に課せられた最大の使命だ」と述べた。

 福岡県内で発生した発砲事件は、08年まで5年連続で全国最多となった。昨年は4件で2位だったが、今年は12日現在、8件に上っている。北九州市では3月15日、工藤会の新事務所撤去を求める自治総連合会幹部宅が銃撃されている。

 安藤長官は13日午後から、指定暴力団道仁会の本部移転を住民運動で阻止した佐賀県みやき町も視察する。

【関連ニュース】
警察庁:警官不祥事に長官「遺憾」
警察庁長官銃撃事件:アレフが都公安委に苦情申し立て
立教大生殺害:警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める
警察庁:電車内での痴漢取り締まり強化
警察庁長官:「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議

一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
2億円強奪2被告認める 現送車襲撃初公判(産経新聞)
家庭に眠るライター回収検討へ…省庁担当者会議(読売新聞)
<改正道交法>高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)

「内職で月10万円稼げる」と教材費詐取 5億2千万円被害か 元社長ら5人再逮捕(産経新聞)

 うその内職あっせんを持ちかけて、教材費など約800万円をだまし取ったとして、千葉、島根、大分の3県警合同捜査本部は7日、詐欺の疑いで東京都台東区西浅草、教材販売会社「ガイダンス」元社長、安田容(ひろし)被告(35)、関連会社の栃木県小山市間々田、教材販売会社「ライセンスアカデミー」元社長、竹山雅弘被告(51)ら5人=いずれも詐欺罪で起訴済み=を再逮捕した。

 千葉県警生活経済課の調べに対し、安田容疑者ら4人は「竹山容疑者の指示で動いていた」などと容疑を認めている。竹山容疑者は「奴らが勝手にやったこと。私は関係ない」と容疑を否認している。

 同課の調べによると、5人は平成19年3月ごろから21年2月ごろまでの間、千葉、茨城、山梨、島根など8県の女性23人に電話で「いろいろな業務を自分で選べ、月10~5万円は稼げる」などとうその内職あっせんを持ちかけ、教材費として計約800万円をだまし取った疑いが持たれている。

 同課は、5人が平成18年6月からの3年間で、全国の1740人から約5億2000万円をだまし取り、そのうち約2億円が竹山容疑者の取り分だったとみている。

【関連記事】
さらに1000万円詐取容疑 桑名市元課長を再逮捕 
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕
相続節税持ちかけ、3500万円詐取 容疑の元コンサル社員逮捕
架空投資話で4千万円詐取 詐欺罪で三重・桑名市の元課長を起訴 
生活保護費詐取した男は人気占い師…「キタの父」のがめつい素顔
「中国内陸部の資源事情とは…?」

【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし(レスポンス)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
<新党>平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議(毎日新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)

国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)

 日本化学会化学教育協議会などは2日、世界の高校生が化学の知識と応用力を競う「第42回国際化学オリンピック」の日本代表4人を発表した。大会は7月に東京で開かれ、国内での開催は初めて。

 代表に選ばれたのは、昨年の大会で金メダルを獲得し2回目の出場となる神奈川・栄光学園高校3年、遠藤健一さん(17)のほか、▽滋賀県立膳所高校2年、浦谷浩輝さん(16)▽東京・筑波大学付属駒場高校3年、片岡憲吾さん(17)▽兵庫・灘高校2年、斉藤颯(はやて)さん(16)。

 4人は、国内3078人の中から選考試験を経て選出された。大会には、過去最高の70カ国・地域から280人が参加する予定。実験試験と筆記試験が各5時間実施される。

 日本化学会化学会館(東京都千代田区)で開かれた記者会見では、ノーベル化学賞受賞者で化学五輪日本委員会の野依良治委員長が「他国の同世代のライバルと切磋琢磨(せっさたくま)し、一方で友情をはぐくむのは意義がある」とあいさつ。また、遠藤さんは「昨年が金でプレッシャーはあるが、それをバネにして頑張りたい」と話した。【藤野基文】

【関連ニュース】
国際生物学五輪:生物大使に女優の忽那汐里さん

遺産2億円を脱税 開業医の養女告発 名古屋国税局(産経新聞)
国会延長想定せず=政府・民主が確認(時事通信)
<年金>2人が2000万円超回復へ 記録見つかり(毎日新聞)
山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)
関東に強風、欠航相次ぐ=気象庁が警戒呼び掛け(時事通信)

韓流ファン女性 韓国で行方不明 (産経新聞)

 【ソウル=水沼啓子】韓国を1人で旅していた韓流ファンの日本女性が、今年1月から失踪(しっそう)していることが30日、分かった。韓国警察によると、この女性は神奈川県藤沢市の無職、棚橋えり子さん(58)で、事故や事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜索している。

 棚橋さんは昨年12月28日に韓国入り。1月1日に北東部の江陵市を訪れ、午後7時ごろに市内の食堂に1人で立ち寄った。約1時間後に店を出た後、午後9時過ぎに友人にメール送信。その後、消息が途絶えた。

 帰国予定日の1月4日を過ぎても連絡がないため、家族が捜索願を出していた。棚橋さんは韓国語を少し話し、これまで何度も訪韓しているという。

国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)
落とし物を届ける間に出火、ラーメン店全焼 和歌山(産経新聞)
<与謝野氏>新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事(毎日新聞)
【視点】長官銃撃の捜査結果 まずは捜査「完敗」の検証(産経新聞)
米政府、シュワブ沿岸案主張=「交渉、非常に厳しい」-官房長官(時事通信)

<訃報>堀之内久男さん85歳=元自民衆院議員、元郵政相(毎日新聞)

 堀之内久男さん85歳(ほりのうち・ひさお=元自民党衆院議員、元郵政相)31日、肺炎のため死去。葬儀は4月2日午前11時、宮崎県都城市牟田町2の16の攝護(しょうご)寺。自宅は同市安久町4713。喪主は妻サエさん。

 旧中郷村(現都城市)生まれ。中郷村長、県議、都城市長を経て76年の衆院選に出馬し初当選。89年に農相を務めたが、翌年落選。93年に返り咲き、96年に郵政相に就任した。03年に政界を引退した。

ヤマハ柳社長、自工会の二輪車特別委員会委員に(レスポンス)
規定ない“名誉顧問”に給与月50万円 立命館(産経新聞)
79社の談合を認定 岩手の公共工事で公取委(産経新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)
プロフィール

ミスターさだおとりい

Author:ミスターさだおとりい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。